FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

クエ消化



訂正。
シャマの埋まっていたところはクリガリスではなく峠でした^^;
そんなことすら忘れていたよw

ってことで久しぶりに掘り起こしてみた。
まー峠とはいってもクリガリスから入ってすぐのところだったのでそのまま移動。
そして坂道の上から下を見ましたらなんだか見知った名前の人たちが骨を狩ってらっしゃる^^;
あれれ……と、思いつつごあいさつに行きましたらどうもあちらも誰かと待ち合わせのご様子。

どうすっかな~と、こちらふたりで相談してたのですが結局65のクエを消化しに行くことになりました。
フレさんのギルメンさんも加えてのなんだか大人数でw
PTとしては0時まではログシャマシャマエンエン0時過ぎからはログログプリシャマエンです。
なんだかいろいろ偏ってる気もしますが気にしない方向で!w
まずはグライダーのクエを受けに転がってる人のところに行きます。
この人死んでるのかと思ったら生きてた^^;
どうも瀕死の状態のようです……

だれかー!
治療してあげてー!

っていうかこの人装備がドル装備なんですけどまた神官なんでしょうか?
イシター神殿は相変わらず人使いが荒いな^^;

ふー

とにかく依頼を受けましてグライダーの爪を20個集めます。
……は、いいんだが青丸多いよ。
やはりクリガリスは混んでますね。
しかもあ、PT終わったのか?グライダーのところにいた人たちが走っていくので見たらダンサーいるしw
やはりどこもダンサーわく=勇気ある撤退なのですね~

それでいつものグライダー狩場の一段下のオガがいっしょにわくところでグライダーを狩ってみました。
まー狩ってたのは主にログさんたちだが……

クエアイテムは必ず出るわけではないのですけど結構サクサク集まりましてこれは今日中に終わるかな~と思ったところでダンサーわいちゃった;;
しかも通り道に……

これはもう前には進めません。
仕方なく地味にダンサーの手前にわく1匹を狩りまして、無事にクエアイテムは集まりました^^
わーい。
もちろん帰りはスタックです。
そして報告はあの転がってる人ではなく西らしいので今度町へ帰った時にでも報酬もらいます。

フレさんたちのおかげでさっくりとクエが終わってよかったです。
さて、問題はもうひとつのクエだが……
どうしようw




スポンサーサイト
.16 2011 ドルアーガの塔 comment2 trackback0

comment

>さて、問題はもうひとつのクエだが……
>どうしようw

調査に行ってきた~^^

つもりだったけど、68のギルメンベルさんが

たまたま通りかかったもんだから、なんとか

(かなり無茶な手段で^^;)こなしました。。。


制限時間3分^^;

Lv70のMOBがごろごろ^^;

まともに倒してたら、絶対、3分でつかない^^;

振り切ろうにも、目玉が振り切れない^^;

1死に覚悟で特攻するか、忘れたころにこなすかどっちかだわ^^;


・・・ただし、

報酬は、Exp 500 ポイント^^;

(ペナ食らうやら、エリクサ消費してまでやるクエじゃないw)



2011.05.17 03:14 | URL | 水菜&碧菜 #D0MWbW1I [edit]

なんだか無茶してる><

でもこのクエ報酬は上級オブだとフレから聞いていたのですけど^^;
行って帰ってで完了だよね……確か。

しかしどっちにしろやはり今のレベルだと倒していくのは無理だし走って行っても普通だと死なないと進めないってことかな?
やはり無理してまでやるクエではないみたいですね。


2011.05.17 18:23 | URL | えいしろう #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://druaga119.blog.fc2.com/tb.php/399-cb09ad34

いろいろなこと

お約束の言葉
「(c)NBGI/株式会社ゴンゾ
株式会社ウィローエンターテイメント及び株式会社バンダイナムコゲームスの著作権を侵害する行為は禁止されています。」
「転載・再配布等の再利用を禁止します」

プロフィール

えいしろう

Author:えいしろう
まったりプレイが信条!
のんびりいきましょう~♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。